第16節
第17節

2016年10月30日(日)/13:00試合開始/湿原の風アリーナ釧路/観客1,438人
4
2
0
2
2
2

堀米将太:09分
酒井遼太郎:13分
 
三浦拓:38分
酒井遼太郎:39分
 

 
 
34分:オウンゴール
 
 
40分:金山友紀

背番号
選手名
PS
先発
2
高山剛寛
FP
3
小幡貴一
FP
6
内田洸介
FP
7
酒井遼太郎
FP
8
宮原勇哉
FP
9
十川祐樹
FP
10
鈴木裕太郎
FP
12
堀米将太
FP
13
坂桂輔
GK
 
15
室田翔伍
FP
18
本田拓磨
FP
20
三浦拓
GK
 
背番号
選手名
PS
先発
3
森谷優太
FP
6
本田真琉虎洲
FP
7
金山友紀
FP
8
滝田学
FP
9
横江怜
FP
10
森岡薫
FP
11
室田祐希
FP
12
小野寺優介
GK
13
中井健介
FP
16
篠崎隆樹
FP
17
水谷祐紀
GK
 
20
原辰介
FP

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第16節
エスポラーダ北海道戦 ハイライト動画

【マッチレポート】

「前半戦」

 最初の決定機を手に入れたのは町田だった。右サイド北海道陣内でボールを奪った室田祐希がゴレイロ三浦拓との1対1の場面でシュートを放つ。ボールは三浦の身体の横を通り過ぎ、ゴールへと向かうが、ポストに行く手を阻まれてしまう。

 町田が主導権を握る序盤戦の中、北海道陣内左サイドで得たキックインの場面でのキッカーは滝田学。滝田からのボールに中央ゴール前へと走りこんだ金山友紀が合わせ、北海道ネットが揺れる。先制点は町田かと思われた矢先、ホイッスルが鳴り響く。レフェリーのジャッジはハンド。金山がボールを押し込んだ箇所は「右拳」という判定のもと、試合はゴレイロのスローより再開される。

 北海道は非常にカウンターの上手いチームだ。今試合でも町田は再三「その攻撃方法」に苦しめられることになる。
 9分、町田のボールを奪った酒井遼太郎からのボールを受けた堀米将太がカウンター攻撃から思い切りよく右足を振り抜く。ゴレイロ小野寺の手は届かない。今試合初得点は北海道に奪われてしまう。【北海道1−0町田】 <8分26秒:堀米将太>


 町田は森岡薫を中心にボールを動かしながらゴールを狙う。前半を通じて、ボール支配率は町田が上だった。しかし結果を出したのは、またも北海道。町田陣内左サイドで得たキックインからのボールにペナルティーエリア内で合わせた酒井遼太郎が2点目をスコアボードに刻み込む。【北海道2−0町田】 <12分06秒:酒井遼太郎>

前半スコア【北海道2−0町田】

「後半戦」

 後半もボールを動かす時間は町田の方が長い。だが、鋭いカウンター攻撃は前半同様町田を苦しめる。特に堀米将太のカウンター攻撃は、北海道サポーターたちのボルテージを上げ続けた。

 34分、なかなか得点が奪えない中、町田は遂に北海道ゴールの扉をこじ開けることに成功する。北海道陣内右サイドで得たキックインの場面、キッカー滝田からのボールに左サイドへと走りこんだ中井健介がボレーで合わせる。ボールは北海道ゴールの枠を捉えていたが、最後はバックアップに入ったディフェンダーにボールが当たる形で北海道ネットが揺れる。記録はオウンゴールだが、もしもディフェンダーがいなければ、ボールを押し込もうと走りこんでいた金山がネットを揺らしていたであろう。そういうシーンだった。【北海道2−1町田】 <33分12秒:オウンゴール>

 勢いに乗りたい町田だったが、ここからホーム北海道のサポーターたちが魅せる。失点直後のキックオフ、応援の音量はどんどん大きくなっていく。「エースポラーダ!!」「エースポラーダ!!」

 大声援は北海道選手たちに力を与え続ける。残り時間3分でパワープレーに出た町田。しかし、今試合4回目に揺れたネットは町田側となってしまう。町田のボールを奪ったゴレイロ三浦のパントキックが町田ゴールへと吸い込まれ、パワープレー返しが成功した瞬間、スタジアムが大きく揺れた。【北海道3−1町田】 <37分18秒:三浦拓>

 会場に拍手の雨が降り注ぐ。降り止まない雨の中、またも北海道のパワープレー返しが成功してしまう。ゴレイロ三浦からのスローに町田ゴール前へと走りこんだ酒井が合わせ、町田ネットの形を変えた。【北海道4−1町田】 <38分52秒:酒井遼太郎>

 決定的な4点目となってしまったが、町田も最後まで北海道ゴールへと向かい続けた。そして、残り時間1秒、森岡からのコーナーを滝田、金山と繋いでのゴールを奪い、貴重な得点を奪う事に成功する。【北海道4−2町田】 <39分59秒:金山友紀>

 2点差のまま試合は終了した。今試合、北海道選手たちの動きは良かった。そして、サポーターの応援は最高だった。けれども、町田も数多くのチャンスが作れていた試合だ。しかも、ゴールという最後で試合を終えられたことは、次の試合へと繋がるプラス要素となるに違いない。



後半スコア【北海道2−2町田】
合計スコア【北海道4−2町田】


・・・・・ 第16節を終えた時点での順位等

暫定順位:12チーム中4位
勝ち点:28 − 暫定首位名古屋オーシャンズ(以下名古屋):39
*名古屋の消化試合数は15試合
勝敗数:9勝1分6敗 − 名古屋:12勝3分0敗
総得点数:51点 − 名古屋:49点
総失点数:41点 − 名古屋:26点
得失点差:+10 − 名古屋:+23

*上記情報は、2016年10月30日現在の情報です。


写真:橋本健(はしもとたけし)
記事:早川治(はやかわおさむ)
◆オフィスオサム:http://www.officeosamu.com/

















































 
F.LEAGUE SPONSOR